あなたの理想の集合住宅

あなたの理想の集合住宅

集合住宅は、様々な世帯が同じ建物に住むことになります

■女性 41歳
集合住宅は、様々な世帯が同じ建物に住むことになります。
一戸建てではなく、自分だけの住まいではないのですから、やはり他の住民への配慮が必要になります。自分がされたらイヤなことは、他の人もイヤなものですので、それを避けるようにしなければいけないのです。

私自身も、長い間集合住宅に住んでいますが、理想はありますから、それを守るようにしています。具体的には、各戸の世帯の生活スタイルはバラバラだというのが当たり前であるため、迷惑にならないよう常に騒音を立てずに生活するのです。

例えば、急いでいる時少し走っただけでも、バタバタして下の階に響いてしまいますし、大きな声で話しただけでも隣には騒音に聞こえることがあります。これは壁が薄いイメージのあるアパートだけでなく、鉄骨で騒音が起きにくいと言われているマンションでさえそうなのです。

こういったことが積み重なると、我慢している側にとって不満が募っていきますし、それが生活スタイルを崩してしまう可能性もあります。ですから、このようなことがないよう、他の世帯をも思いやれる住民だけが住んでいるのが、私の理想の集合住宅です。

Copyright (C)2018あなたの理想の集合住宅.All rights reserved.